しみの原因を知ることがしみ予防につながります

しみが出来てしまう原因は人それぞれ違います。
しみが出来る部分も人によって様々です。

たとえば屋外に出ていることが多い人は、当然ですが紫外線の影響も受けやすく
この場合紫外線が原因のしみもできやすいと考えられますし、
顔だけではなく手や腕、首やデコルテにもしみを作ってしまう原因となるでしょう。

しみの原因は他にもたくさんあります。
ストレスが原因となってできるしみもありますし、
普段はあまり目立たないしみがはっきりと目立つこと、ありませんか?
こういう時はだいたい体調がすぐれないことが原因だったりします。

あとは更年期、妊娠、生理前など、
ホルモンバランスの崩れが原因でもしみはできてしまいますし、
しみの原因には、加齢による老人性のしみもありますね。

いずれにしてもしみがあるだけで一気に見た目年齢を引き上げてしまうものです。
しみの原因が何かを知ることで、予防策も考えられると言えます。


例えば紫外線が原因のしみであれば、UV効果のあるクリームを塗ることで
ある程度の対策は可能です。

ストレスや不規則な生活が原因のしみであれば、規則正しい生活リズムに戻し、
充分な睡眠とってストレスを解消する方法を見つけることです。

しみが出来る原因をいくつか挙げてみましたが、
自分のしみの原因がどれにあたるか、わかりましたか?

しみが出来てしまう原因を知るということは、
それが外的な要因であったとしても、
少しでもしみを予防することは可能なので、
まずはしみの原因が何かをつき止めることが大切ですね。